辞めたくなったら我慢しなくてもいいのではないだろうか

MENU

看護師の復職

看護師の復職は、自分の意志さえしっかりしていたら当然できます。
看護技術を看護学校に行き習得していて、資格まで持っているのですから、当然復職はできます。

 

結婚して子育てのために休職していても、子供が大きくなって仕事ができる環境になった時には、復職を考えます。
すこし看護師をしていない期間が長くても、すぐに感覚は戻ります。

 

看護師として働く喜びがわいてきて、復職できたことに満足できます。
私も子育て中に仕事をしていましたが、断念して休職したのです。

 

ふたたび看護師として病院に復職した時にはうれしかったですね。
経済的にも大いにたすかりました。

 

看護師として働く事が出来る職場の幅も広いので、自分の生活にあった職場を選択することで復職できると思います。
まだ子供が小さくて病院勤めの夜勤が無理であれば、夜勤のないクリニックなどに復職することもできます。

 

自分の住んでいる近くのクリニックなら、家にも近いので子供への負担も少なくなるでしょう。
自分の環境にあった働きやすい職場選びをすることで、問題なく復職できるのです。

看護師・ナースの辞めたい理由、再就職の理由とは記事一覧

 

女性の職場ですから、色々あって当たり前です。男性スタッフがいる職場は不思議と雰囲気がなごみますが男性看護師は人数的にまだまだ少ないです。リハビリスタッフや透析のスタッフは男性が多いのでそういう部署は割合ぎすぎすしなくて済みますね。みんなが仲良くツーカーで働ける職場に恵まれたこともありましたが、そんなことはすごく稀でした。上司が良い人だったり、ムードメーカーみたいな存在がいたり、すると雰囲気が和んで...

 
 

看護の仕事をする上で、毎日大好きな仕事を出来ているという幸福感があるのはとても人生においてありがたいことだと思います。でも毎日充実出来ていても時々しんどいな、本当に続けていく意味があるのだろうか、人のために働くって何だろう、今自分が体も心も辛くて患者さんのケアなんて出来ないっていう谷底に落ちてしまう事があります。ここではちょっと心が疲れた、体が疲れたという時に栄養補給的に自分で試している事を書いて...

 
 

看護師でうつになる人も今まで働いてきて結構いました。プライベートでうまくいかないことや仕事でのプレッシャーからうつになったケースをご紹介します。Aさんは結婚したい彼がいました。そのときAさんは28歳。適齢期にお付き合いしている彼氏がいれば、結婚を考えてお付き合いするのは自然のこと。彼はAさんに歩み寄るタイプではなく「オレはオレだから」という自分が一番大切というタイプの男性でした。なのでAさんは「自...

 
 

看護師が体力的に限界を感じるとき。看護師の仕事には体力的に大変だと思うときがたくさんあります。・入浴介助で腰が痛くなった・夜勤が苦手・夜勤の時間が長すぎる・立ちっぱなしの仕事で辛い・患者さんを車いすに乗せるのが辛い・おむつ交換をたくさんすると腰が痛い・既に腰や首のヘルニアになってしまったこういう場合は体力的に不安になりますね。体力勝負なお仕事が満載な看護業務。シチュエーション別で体力が必要なお仕事...

 
 

2交代の夜勤が嫌でした私は夜勤が大嫌いでした私が夜勤をしていたのは妊娠中まででしたので20代のうちで夜勤をしなくなりました。病院と交渉をして日勤のみで常勤で働けることにしてもらいました。日勤だけで薬剤師や検査技師や女性でも正社員なのに、なぜ看護師はそれを許可されないのか不思議。まあ、夜勤なしでも常勤として雇ってくれるならみんながそう望むので病院として成り立たないのは分かるのですけれどね。2交代の看...

 
 

主婦にとって家族のいない時間帯の午前中の勤務が一番人気です。午前中のパートは外来勤務、病院やクリニックの病棟勤務、デイケアや訪問看護の入浴当番などがあります。時給はその病院・クリニック・施設によるため、ハードな勤務場所だからという理由では高くなりません。外来勤務外来勤務の場合は患者さんへの対応がうまく、自信を持って説明出来、時間のロスがないように振る舞う事が重要になります。限られた時間の中でどれだ...

 
 

夜勤を定年まで行う看護師もいますが夜勤なしで働きたいと思う方は多いです。ここではメリット・デメリットを考えたいと思います。夜勤なしで働く事のメリット若い時はハードな夜勤も何とかこなせても、年齢を重ねると夜勤なしで働きたいと思う看護師は多いです。看護師が夜勤なしで働く方法はたくさんあります。パートや日勤のみ、日勤専従として働きたい人が多いので求人サイトでもすぐ募集が埋まるそうです。家族の面倒を見たい...

 
 

家を建てたりして引越したり、旦那さんの転勤でとっても遠くに行くことになったりと転職を考える機会が出現したとします。今までの地元とあまり距離の変わらない場所でしたら、看護学校のときの友達がいたりするので、病院を紹介してもらったり、どんな職場か情報が聞けます。病院って女の園ですので、何しろ人間関係がいいかどうかがすごく重要なのです。何も先入観が無く一人で情報を集めて転職するのもありですが、少しでも内部...

 
 

ママナースにとって子供が病気なら休みやすい所で働きたいもの。小さい子がいれば病気をするのは当たり前です。子供が出来た時、風邪をひいて熱を出したり、水ぼうそうや風疹になったりというのは、必ず起きる事です。周りの子供に移す病気は、保育園や託児所には行けません。子供が出来れば、小さい時は子供の病気で休む事も増えますがそれが許されるかどうかというのは病院によっても違います。部署によっても随分違います。上司...

 
 

私は外科病棟にいたときがあります。もう20年も前のことなので、さらっとお読みくださいませ^^中規模な病院の外科病棟の看護師がだったのですが、そのころが一番仕事がきつく感じました。オペ室専門の看護師は一人で、緊急オペが入ったときは病棟の看護師が2人だけオペ室に入るんです。病棟勤務に残った看護師も3人いればいいほうです。新人だったし、看護のこともあまり分からないまま行けと命じられるまま入っていました。...

 
 

復職の支援をしている病院が最近目立つようになってきました。赤ちゃんの時期を終わったとか、少し子育てが一段落したとか、子供が幼稚園に通うようになったとか、そういう子供さんの何か成長段階でのきっかけが多いです。子供が小さいうちは家にいてあげたい、と思う優しいママさんナースはたくさんいます。旦那様の収入に応じて家にいられるかどうかは大きな分かれ道となってしまいますが、ずっと子供が小さいとき働かざるを得な...

 
 

看護師として仕事をしていると、いろんな問題が出てきます。その都度、ネットで求人サイトを見たり、求人雑誌を本屋で立ち読みしてみたりするのですが、そういった行動をとるときって大抵先輩看護師に怒られたり、師長からの指示が納得できない時ですね。私の看護師としてのキャリアがまだ3年位の時の頃の事です。3年キャリアを積むとある程度は看護師の仕事も分かってくるし、自分なりにプライドをもって仕事をしています。自分...

 
 

看護師として勤務し始めて最初の3年間は、本当につらくって転職しようじゃなくて看護師を辞めてやろうって思う時がたくさんありましたね。先輩看護師に怒られたりとかちょっとしたミスをして患者さんからクレームがあったりとか。でも、本当に看護師を辞めたいと思った時って言うか看護師になる事さえ辞めようと思ったのは学生の頃の事。私は准看護学校の学生でした。病院の仕事をしながら資格を取るために学校にも行かせてもらう...

 
 

病院を替われば今までとは違うレベルの医療の事を覚える事が出来ます。大きな病院で働く事は教育体制も整っていますし、勉強したい人にはピッタリ。忙しくて残業が多かったり、慣れるまで時間がかかったりするかもしれませんが、やりたいと思った時に思い切りチャレンジしたいです。とにかくもっと勉強したい民間病院から公立病院へ転職した井上さんにインタビューしました。私が転職を考えたのは27才の時。師長と合わず、病院の...

 
 

看護師の仕事は人の命と関わる責任の重い仕事です。「人の命を預かる」という表現は重いですが、病院で働いているならば人が亡くなる場面や、難しい仕事に立ち合います。薬や点滴、輸血を間違えば死なせてしまう事だって起きてしまいます。ベテランになっても確認不足で事故を起こす危険性はありますし、新人ならばただ知らなかった、知識が足らなかったというlことで事故になります。間違いやすいのは薬関連似たような名前の患者...