ハードな仕事についていけなくなった

MENU

体力的に限界を感じて看護師を辞めたくなった

 

 

看護師が体力的に限界を感じるとき。

 

看護師の仕事には体力的に大変だと思うときがたくさんあります。

 

・入浴介助で腰が痛くなった
・夜勤が苦手
・夜勤の時間が長すぎる
・立ちっぱなしの仕事で辛い
・患者さんを車いすに乗せるのが辛い
・おむつ交換をたくさんすると腰が痛い
・既に腰や首のヘルニアになってしまった

 

こういう場合は体力的に不安になりますね。

 

体力勝負なお仕事が満載な看護業務。シチュエーション別で体力が必要なお仕事について考えてみたいと思います。

 

風呂当番は疲れる

 

 

夜勤明けで休みなし、日勤で風呂っていうのが体力消耗します。

 

午前中から入浴介助、しかも特浴・・二交代の夜勤明け日勤で朝から風呂なんてありえやんわあ・・

 

何人入れただろう、ベルココンベアみたいや・・私のほうこそ抱えてもらって風呂入れてほしい(苦笑)

 

夜勤明けやったら休みでもええのに、日勤で朝から風呂っていじめかいなあ・・
くそ師長めっ む・か・つ・く・うう

 

疲れてくると優しい気持ちがどっか飛んじゃって、20人を延々と風呂に入れていると夏は地獄。

 

搬送係も特浴だと風呂前に吸引して、よいしょって持ち上げ連れて行って、終わったらオムツ付けて服着せて、褥瘡があれば処置して。
機械浴の係だと、洗い場の人、ぼちゃんと入浴させる人。どこの持ち場も風呂の日は気力も体力もいる。

 

冬はもっと長くつかりたいだろうけど、ゆっくりして入れてあげられないから、
「はい、出るよーー」って切り上げる。

 

仕方ないと割り切れば割り切れる。2〜3時間位で終わらなければダメやで患者さんのペースには合わせられない。

 

これでええのか私。

 

おむつ交換が辛い

 

 

どうしても高齢化が進み、どの病院でも老人が多いです。オムツ交換は基本は嫌いではありませんが、交換している時にトラブル発生するとそれはもう大変。

 

寝たきりの人の場合

 

「kotー3日間」になるとその時点でラキソベロンを投与しますが、この加減が看護師によって違う事があります。
慎重に入れてくれればいいものを、「勢いよく入れちゃったん」ってあの人今言ったっけ??・・

 

予防策として、パットを多めにしてオムツも余分に当てていても、シーツ・ベットパット、結局総がえになり「あちゃーっ」てなります。

 

また、寝たきりの患者さんは運動しないので便秘になりやすいです。3日出てないとラキソベロン、4日目もラキソ、5日目になるとGE(浣腸)したり便摘になります。
脊損の患者さんや憩室が出来ている人は特に定期的に便敵に入る指示があったので体力が必要でした。
便的する時は二人一組で行ったほうがスムーズで一人が手でお腹を押さえて、一人が摘出するという方がいいです。

 

ここでこぼれてしまいあまり上手に出来ないとなるとあちこち汚してしまい、患者さんの寝衣からタオル、シーツや横シーツも換えなければなりません。

 

おむつ交換って辛いぜ・・

 

不穏患者さんの対応に疲れる

 

不穏でじっとしてくれない患者さんがいるとその対応が大変な事があります。
抑制をする・しないの方針が病院によって違うので一人の患者さんに付きっきりになると他の仕事が出来なくなります。

 

部屋持ちでその不穏患者さんの担当になったら1日面倒を見なくてはなりません。
病室にいてもらうと他の患者さんからクレームが来たり、他の人も不穏になってしまうから詰所に来てもらいます。

 

詰所にいてもらって一緒に過ごしますが、詰所で人があまりいない時に自分が席を外す時は一緒に他の病室を周る事もあります。
立ち上がったり、大きな声を上げたり、近くにティッシュがあれば食べるし本当、目が離せません。

 

不穏になっていなくても、認知で歩ける患者さんは病院の中からいなくなって大騒ぎになります。離院になると大問題。
病院の外を事務所の人までお願いしてみんなで手分けして探して、結局はバス・電車で家に帰っていたって事がありました。

 

そんなに乗り継いでよく帰れたなって思うのですが、近くにバス停があり、一つ一つ道行く人にきっと聞いたのでしょう。
無事に結局病院に戻ってきましたが大騒動でした。

 

体力がない・キャパオーバーなら転職してもいいと思います

 

看護師の仕事は体力的にきついと感じる事が多いので、自分の健康管理がきちんと出来ていないといけません。
疲れた次の日は朝どんよりして休みたくなります。

 

「あああ。。。今日1日寝ていたい。。。」

 

疲れすぎて昨日は早く寝たのに、朝すっきり起きれない。
あまり頻回にドタキャンで休むことが増えると信用されなくなります。仕事で急に休むのは周りの看護師さんに迷惑をかけるますし、自己管理が出来ないと判断されます。
休むことにあまりに厳しい職場もあります。
当日休むという電話連絡ではダメで、一度は出勤して上司の判断を仰がなくてはいけないとか、ドクターの受診してからではないと帰れないというところもあります。あまりに厳しい職場ですと、おちおち病気にもなれません。

 

看護師の仕事は正職員として働くのはとてもハードです。

 

体力がすごくあって、健康的でタフならそれでもいいのですが、ついていけなくなって、辞めたいと思う場合もありますよね。

 

正職員ですと責任が重いです。真面目な性格の人が多いので、無理をしてでも病院の決められた業務をこなそうとしてしまい、体を壊したり精神的に追い詰められたりと退職、転職を考える人も多いでしょう。

 

看護師の仕事を辞めるつもりはなかったですし、体力的に随分楽な職場を見つけることが出来ました。
次の職場を見つけてから、円満に辞めるのも選択肢の一つです。

体力的に限界を感じて看護師を辞めたくなった関連ページ

人間関係がストレスで辛くなって退職したくなった
仕事が忙しいよりもいじめやパワハラのほうが辛い
看護師の仕事が楽しくない、つまらない、マンネリで毎日がうまく行ってない時どうしたらいい?
看護師の仕事がつまらなく思えた時に読んでください
看護師のうつ 仕事を辞めたいと思ったとき Aさんの場合
うつ症状を感じたときはしばらく休みましょう
夜勤が辛いからしたくない
看護師の夜勤は体力的にも大変
日勤だけ、午前中のパートで看護師として働きたい
ママ看護師は昼間だけのパート希望者が多い
看護師 夜勤なしで働きたい メリット・デメリットについて
夜勤をしないとどうなるのか
引越しのため、看護師としての転職先を探す
看護師は内部事情を知って転職するのが安心
子供の病気で休みにくい 休むのが辛くて辞めたい
子供の急な病気・発熱で休むのが辛い
仕事が大変だと思ったとき
休みが少ないことや仕事やハードだと思ったとき大変さを実感
子供が少し手を離れたので再就職したい
子供がある程度大きくなるとまずはパートで働いてみたい
プリセプター オブザーバーが辛い事もある
3年目〜7年目辺りの新人看護師よりもちょっとお姉さんの看護師になるとでプリセプター、オブザーバーのの仕事を任せられるのは責任も重く神経も使いストレスになります。
准看護学校の学生の時、患者さんの死がショックで辞めたかった
看護学生の時の頃です。
転職とスキルアップ
スキルアップしたい時は思い切って変わるのもいいと思う
責任が重いから辞めたい でも看護師は続けたい
看護師の仕事は責任重大です。責任をあまり感じずに働くにはどうしたらいいのか。