夜勤なしのメリット・デメリット

MENU

夜勤なしで働く看護師について

夜勤を定年まで行う看護師もいますが夜勤なしで働きたいと思う方は多いです。

 

ここではメリット・デメリットを考えたいと思います。

 

夜勤なしで働く事のメリット

 

若い時はハードな夜勤も何とかこなせても、年齢を重ねると夜勤なしで働きたいと思う看護師は多いです。

 

看護師が夜勤なしで働く方法はたくさんあります。パートや日勤のみ、日勤専従として働きたい人が多いので求人サイトでもすぐ募集が埋まるそうです。

 

家族の面倒を見たい、子供の勉強を見てあげたい、塾やスポーツクラブの送迎でどうしても誰かがやらなければならないなど時間に余裕が欲しい場合、夜勤をしない生活はとても時間に余裕が出来て、やりたいことが出来るようになります。

 

仕事と家庭を両立したい時には夜勤をしているとなかなかスムーズにいかない事も多くなります。

 

時間に余裕が出来るのは自分自身の健康面でもプラスです。

 

日勤深夜という勤務は家で仮眠を取れればいいですが、思うように寝付けないという事もあります。
3交代では深夜前に眠れないと夜勤中眠くて仕方ないです。

 

2交代でも準夜深夜を続けてするのですからハードワークです。

 

夜勤をしない生活は太陽があるときに活動し、夜になれば眠るという極々当たり前の生活を営む事が出来ます。

 

十分な睡眠を自然に取れ、ストレスから解放され自然に健康的になります。睡眠のリズムがマチマチになるとそれだけで体の疲れが取れません。
免疫力や自律神経、ホルモンバランスにも影響します。医療で働いているのに自分が不健康予備軍になる事も。
夜勤をする看護師は癌のリスクも高くなる可能性があります。

 

夜勤なしの生活は寿命を延ばす事にもつながるでしょう。

 

日勤だけでも残業で遅くなる事もある

 

せっかく夜勤なしで働き始めたのに、忙しい病院に勤めると帰りたいけど帰れないという状況になることがあります。

 

学童に預けても、学童も時間制限があり19時までしか延長出来ない場合、誰が迎えに行くか困りますし、旦那さんに頼みたいけど旦那さんもお仕事が終わらないという事もあります。

 

これだと時間に焦ってしまい疲れてしまいます。日勤だけの病院に変えたのに、メリットが無いという事になってしまいます。

 

病院によっては救急をあまり取らない所なら17時ちょうどに帰れるのが当たり前というところもあります。

 

タイムカードを押すのを待つくらいの余裕があって、時間通りに終われる病院だと家庭との両立がしやすいでしょう。

 

夜勤なしのデメリット

 

収入面

夜勤なしになると、やっぱり収入が落ちます。

 

夜勤をしている事で正社員扱いになるので、給料もボーナスも下がります。
夜勤手当ももらえなくなるので全体的に急落します。

 

看護師の年数にもよりますが、夜勤をして手取りが27〜28万もらっていたとして、日勤だけに変更すると手取り20万ほどになってしまいます。

 

夜勤手当がなくなり、正社員として扱われないのは収入的には大きな痛手です。

 

ボーナスで夏40万、冬50万もらっていたのが寸志になります。年間100万以上は減るでしょう。

 

時間を取るか、収入を取るかという事になります。
時間がほしければ収入が下がる、こればかりは仕方ありません。

 

時間について

 

時間的なデメリットを言えば、夜勤なしで日勤で働く場合は夜勤明け、夜勤入りの時間を使い、昼間しか開いてない所に充てている人もいます。
夜勤をやめて日勤で月から金までびっちり働くようになると銀行に行く時間、何かを支払いに行く時間を取りにくくなります。

 

看護師 夜勤なしで働きたい メリット・デメリットについて関連ページ

人間関係がストレスで辛くなって退職したくなった
仕事が忙しいよりもいじめやパワハラのほうが辛い
看護師の仕事が楽しくない、つまらない、マンネリで毎日がうまく行ってない時どうしたらいい?
看護師の仕事がつまらなく思えた時に読んでください
看護師のうつ 仕事を辞めたいと思ったとき Aさんの場合
うつ症状を感じたときはしばらく休みましょう
体力的に限界を感じて看護師を辞めたくなった
看護師が仕事を辞めたくなった理由
夜勤が辛いからしたくない
看護師の夜勤は体力的にも大変
日勤だけ、午前中のパートで看護師として働きたい
ママ看護師は昼間だけのパート希望者が多い
引越しのため、看護師としての転職先を探す
看護師は内部事情を知って転職するのが安心
子供の病気で休みにくい 休むのが辛くて辞めたい
子供の急な病気・発熱で休むのが辛い
仕事が大変だと思ったとき
休みが少ないことや仕事やハードだと思ったとき大変さを実感
子供が少し手を離れたので再就職したい
子供がある程度大きくなるとまずはパートで働いてみたい
プリセプター オブザーバーが辛い事もある
3年目〜7年目辺りの新人看護師よりもちょっとお姉さんの看護師になるとでプリセプター、オブザーバーのの仕事を任せられるのは責任も重く神経も使いストレスになります。
准看護学校の学生の時、患者さんの死がショックで辞めたかった
看護学生の時の頃です。
転職とスキルアップ
スキルアップしたい時は思い切って変わるのもいいと思う
責任が重いから辞めたい でも看護師は続けたい
看護師の仕事は責任重大です。責任をあまり感じずに働くにはどうしたらいいのか。