一度身につけた技術や判断能力を生かして次の仕事につなげたい

MENU

看護師・ナースのコラム記事一覧

 

日勤だけで働く場合、病院によっては準職員として扱ってくれるところもあります。一番最初に働いていた病院は長く勤めていたためか、優遇して夜勤なしでも準社員にしてくれました。妊娠中までは夜勤をしていましたが、出産と同時に夜勤なしを希望したんです。準社員だったのでボーナスも夜勤なしなのに手取り50万弱ありました。その後転職をしてからの病院では日勤だけを希望するナースは準社員としては認められないという事でし...

 
 

看護師の職場や友達同士での飲み会をすると気がつくのですが、圧倒的に離婚経験者が多いです。実は私も離婚しております。離婚の理由も人それぞれですが、一般の事務員さんや専業主婦に比べると断然離婚率が高いのです。やっぱりどこかで自分の収入でなんとかなるって思ってる部分があると思います。親元に帰って、ファミリーで仲良く暮らしているという人もいますし、一人で自立して、出世もして、という人もいます。看護師ではな...

 
 

実際に、最初の条件と、詳しく聞いた条件が微妙に違ったことがありました。そのときのことをご紹介します。最初はAというクリニックで働いていました。週に4回働いていたのが、週に3日に勤務を組まれてしまいました。1回少なくなると、結構収入に響きます。新しい看護師が入ったので、私の分が少し減ったんです(T△T)中規模なクリニックだったので、何かあったときのために人員的に必要で、それぞれの仕事を少しずつ減らし...

 
 

私が国家試験を受けたのはもう随分前です。今の受験日よりも私のころは遅かったです。12月くらいになると「そろそろ準備しなくっちゃ・・くらい」で、本格的に始めたのは冬休みが終わった頃。そこから学校に行っても授業はなく、試験勉強を各自でするというスタイルでした。学校に行く往復の時間さえもったいないので自宅で勉強したほうがいいのに、、なんて思ったりしてましたね。国家試験のための分厚い問題集を誰でも持ってい...

 
 

看護師の仕事はある意味戦場です。スタッフ間での戦い、時間との戦い、先生と戦い、自分とも戦い。職場にもよりますがのほほんとほっこり出来るところは少ないです。一つの小さなミスが重大なミスにつながるので、ぼーーーっとしている人にははっきり言って向いていません。看護師を目指す人、実際働いている人は自分が看護師であるというプライドがありますし、多少の体調不良では負けたくないので(何に対してかは不明ですけど)...

 
 

准看護師の制度が昔はありました。私も准看護師からスタートでした。医師会附属准看護学校だったので、病院で朝から働き、(朝は6時からとかですよ・・)昼から学校で(行っても爆睡)また学校から帰って20時まで仕事。そんな毎日でした。中規模の個人病院だったのですが、周りの看護師も皆が准看護師だったので、正看護師の学校への進学はあまりいい顔はされませんでした。准看護師として一年働いたあと、再び受験です。倍率6...

 
 

仕事での嬉しさって、やっぱりありがとうって言われるときです。若いときは外科病棟にいたので、オペ後の患者さんがみるみる元気になって歩いて帰っていくのを見せてもらうと本当に嬉しいものでした。そのときの仕事は辛いことも多かったのですが、それでも続けていられたのはそうやってよくなっていく経過を見ているだけで、自分自身が癒されます。老人に接するとやはり気持ちがおおらかな方が多く、時間をかけてゆっくり接する時...

 
 

看護師の仕事を一度でも辞めると、ブランクが当然発生します。何年も間を空けて再就職する場合、年下の看護師に指導されます。看護師の仕事をしているとどうしてもプライドが高い人がたくさんいます。年下の看護師に教えてもらうことに抵抗があるかもしれませんが、そんな時はここでは私は新人なのだわっと割り切って素直に聞くことです。年上なのにこんなことも知らないなんて恥ずかしいわとか思わなくても大丈夫です。冷静な態度...

 
 

看護師の再就職をするとき、人手不足なことが多いので再就職が一般の女性なら無理そうな年齢でも、看護師の免許があれば雇ってくれる確率はグンと上がります。一般の飲食店のパートに出ようと応募したことがありました。飲食店のパート募集にも年齢制限があります。アラフォーの私は結構年齢制限で電話がかけれなかったりしました。時給を見てよいと思うところで、この年でも雇ってくれそうなところに片っ端から電話しました。一度...

 
 

看護師の仕事は体力勝負です。本当に半端無く、動き回ってる仕事です。私は正直体力には自信が無いので、夜勤の仕事は若い頃しかしていませんでした。体力が有り余っている人は60歳を超えても夜勤していましたが、私には見習えませんでした。看護師で体力がある人は夜勤をしてバリバリ働くのがいいのでしょうけど、私は早くもリタイアしています。そんな中、デイケアとかそういう元気なお年寄り向けの施設で働くのも人気です。体...

 
 

私としては医療スタッフの中でも看護師を選んで良かったなって思っています。人に言われて納得したのですが、それまでは自分では気がつきませんでした。MSW(メディカルソーシャルワーカー)の方にこう言われたことがあります。「看護師さんはパートでも働けるところがいっぱいあるけど、私達の仕事はパートではなかなか雇ってくれるところが無いんです。うらやましいですよ〜だから遠くても頑張って仕事に来てるんです」そう言...

 
 

もう、随分昔、私も看護学生でした。その頃の思い出をつづりたいと思います。そのころお世話になった精神科実習では開放病棟でした。一人の看護学生が一人の患者さんを受け持ちます。生徒によっては開放で元気な患者さんを受け持つ人と、重症で閉鎖にいる人を受けもつ人がいて、重症度が個々に違いました。受け持ち患者さんはもちろん学校の先生が割り当てるんですけど、なぜか同じ班でもいつも重症を受け持つ人と軽症を受け持つ人...

 
 

「あなたはなぜ看護師になろうと思ったのですか?」看護師として新入職員として入るときになぜ看護師になろうと思ったのですか?という質問を受けます。また看護学校の面接のときにも必ずと言っていいほどこの質問を受けます。看護師になりたかったきっかけは私はたまたまボランティアに行って「こういう風に人のお世話を出来る仕事につけたらいいな〜」と思ったことがきっかけでした。福祉施設でおばあさんに癒されたんですよね。...

 
 

看護師に必要な事は沢山あります。患者さんに対する優しさだったり思いやりだったりします。患者さんが看護師の顔を見て、ほっと安心できるようなやさしさが必要です。つんつんしていて、患者さんが話しづらいオーラを出しているようではいけません。患者さんがいつでも訴える事が出来るような人間関係をつくりたいものです。コミュニケーション能力も良くなければなりません。患者さんとの信頼関係を良好にすることは、治療にも良...

 
 

看護師の年収については、一般の女性の年収よりも高額と言う事が言えます。一般の会社の男性よりも給料を上回るのは周りでもよくあります。看護師として働く職場はいろいろあります。病院でも、大学病院などは公務員になりますから、一生に渡り生活に困る事はなく有利と言えます。個人病院でも経営状況の良いところなど、また経営者によっても年収に差が出ます。看護師としてして働くところは、他にクリニックや福祉施設、学校や保...

 
 

看護師の仕事は残業も多いし休みも少ない。少ないというか夏休みや冬休みの大型連休とは無縁です。仕事が終わったらとっとと帰りたいのに他のスタッフが終わってなければ手伝わなあかんし、年配のおばさん看護師や新人看護師の面倒を見やなあかん。給与は女性の職場としてはそれなりに多いほうだと思うけど、ハードな仕事であることを考えるとそれほど高いとも思えへん。でも、看護師になろうと思ったのは、人の役に立つ仕事がした...

 
 

看護師の仕事って、もちろん給与をもらって行う職業ではあるけれど、慈善活動のようなそんなところもあります。奉仕の精神をもって患者さんに尽くす。。。と出来れば幸せです。そんな中で、やっぱり患者さんからの「ありがとう」ほど嬉しいものはないです。その一言をもらうと、ぐぐっ感激で 看護師やドクターからきつい事を言われてもこの仕事やってて良かった〜と思います。でも、仕事としてみた場合に、やっぱりちゃんと自分で...

 
 

「お礼奉公」という言葉が今の若い人に通じるのか疑問ですが、私の20代の頃民間の病院では当たり前でした。私は民間の病院で働きながら准看護学校に行っていたのですが、学校の代金は全て病院が払ってくれていました。実際いくらの費用がかかったのかは分かりません。金額を明細書とかで見せてもらっていた訳でもないのですが学校の入学金、授業料、制服代、修学旅行の費用まで全て払ってもらいました。卒業したら2年は准看護師...

 
 

クレーム対応は精神的にすごおーく疲れます。普段温厚な私でも(嘘ですけどね)出来れば怒りんぼの患者さんやご家族様とはあまり関わりたくないというのが本音です。高齢者のご夫婦で気難しいご主人が入院されました。腰椎圧迫骨折で痛みのため動けません。検温やトイレ介助の時、食事を配る時、いつでも顔が怒っています。いつも何かにつけて喧嘩ごしでしゃべってくるので普通の会話がなかなか出来なくて、意味が分からなくて聞き...