看護師に必要なこと 

MENU

看護師は体力勝負 体力が無いと働けません

 

看護師の仕事は体力勝負です。
本当に半端無く、動き回ってる仕事です。

 

私は正直体力には自信が無いので、夜勤の仕事は若い頃しかしていませんでした。
体力が有り余っている人は60歳を超えても夜勤していましたが、私には見習えませんでした。

 

看護師で体力がある人は夜勤をしてバリバリ働くのがいいのでしょうけど、私は早くもリタイアしています。

 

そんな中、デイケアとかそういう元気なお年寄り向けの施設で働くのも人気です。

 

体力を向上させるためにも人によってはちゃんと運動を心がけている人もいます。

 

私は体力向上というよりも好きなので続けているのが水泳です。週に1回だけ通っています。
ジムは苦手で筋肉のトレーニングは筋肉痛になるし、余計にストレスがたまるので続けられませんでした。
特に私は運動が苦手でしたので、この水泳も体力を上げるためというよりも維持のためというのが強いです。

 

ちゃんと自分の体のケアをしている人はあまりいませんが、
小さいときから運動系のスポーツをこなしていて得意だったという人は
どれだけハードな仕事についてもついていけるんですよね。

 

私はおっとりゆっくりしていたのでついていくのが必死でしたけど。

 

 

そういう人には体力的にあまりハードではない看護師の職種を選ぶのがオススメです。

 

 

 

看護師は体力勝負 体力が無いと働けません関連ページ

日勤パートのメリット 社会保険も半額負担してくれる
日勤のパートで働くメリットとは?
看護師は収入がいいから離婚率が高い?
看護師で集まると離婚経験者が多すぎる
ハローワークで求人を探したときの話
ハローワークで求人を見つける
看護師の国家試験 1ヶ月前は辛かったなあ
国家試験は1年に1回だけのチャンス
看護師の性格はきつい?優しい?
ナースの仕事をするために必要な性格ってあるの?
私も昔准看護師でした その後正看護師にもなりました
准看護師でしたが、正看護師の資格を取りました
仕事のやりがいを感じるとき
私の仕事をして嬉しいと思ったとき
復職のときに気をつけたいこと
ブランクがあって再就職するときに注意すべきこと
再就職のとき、無理な条件は受けないほうがいい
ブランクがあっても働きたい看護師のためのコラム!
他の医療の職業に比べると需要があるのが看護師
他の資格よりも需要がある
看護師の実習での思い出 精神科実習
看護師実習での思い出・精神科編
看護師になりたい理由は?
面接のときに必ず聞かれるのは「なぜ看護師になろうと思ったのですか」
看護師に必要な事
専門性の高い看護師という仕事。看護師として必要な事って何でしょう。
看護師の年収
看護師は高給
看護師が大変だと思うとき
仕事が大変だけど人間関係が辛い事が多いのが現実。
看護師の仕事をして良かった・経済的自立・患者さんに喜んでもらえる
長年看護師をしていて良かったと思うことを振り返ってみました。
看護師のお礼奉公があるから辞めにくい
お礼奉公っていつの時代なのか
患者さん、家族さんのクレーム対応はやっぱり苦手
クレーム対応はちょっと疲れる